東京品川旅行

品川は、新幹線の西の玄関口として注目されている地域です。中部地方や関西地方以降では新幹線を利用した旅行ツアープランでは品川駅に停車するプランがあります。日帰りまたは宿泊する旅行ツアープランがあります。

品川
品川でも特に品川駅周辺は開発が進められており多くのタワービルが建設されています。また、交通アクセスもよく東京駅まで行かずに乗り換えを行える利点があるので、東京駅まで新幹線を利用せずに品川駅で乗り換えをする旅行客が増えています。品川は、古くから交通の中継地点として機能していた地域で、江戸時代になると東海道の第一宿場として発展していく地域です。品川駅は、新幹線の停車駅として開業したのが2003年ですがすべての東海道新幹線が停車したのではなくこだまが中心に停車する駅でしたが、2008年の3月にダイヤ改正により東海道新幹線のすべての新幹線が停車する駅となります。このおかげで品川駅周辺の再開発が行われることになります。

品川の特徴
港区品川は、在来線の主要駅としてまたは新幹線の1部列車の停車駅として利用されてきましたが、今ではすべての東海道新幹線の射撃になりタワー型のビルが多く建設されている地域になります。その一方で昔ながらの観光名所が健在で品川宿やお寺などの歴史的建造物も観光することができます。お台場からの夜の品川駅周辺を見ると綺麗なライトアップされている景色を見ることができます。

品川へのアクセス 品川は品川駅を中心として発展してきており在来線や東海道新幹線停車駅となっているので、品川駅から在来線を利用することで容易に目的地となる観光名所に異動することが可能となります。旅行会社が提供している旅行ツアープランでも東京駅ではなく品川駅までの停車プランを提供していることがあります。そのおかげで旅行ツアープランでも、東京駅まで移動するよりは安く品川駅まで行けるプランがあります。また品川駅周辺にはビジネスホテルなどもあり宿泊するプランを利用することができます。

品川は、東海道新幹線の全列車が停車することにより最注目された地域です。そのおかげでオフイスビルなどのタワービルが建設されるようになり、交通アクセスも格段に進歩することになります。同時に昔ながらの観光名所も残されており品川を十分に満喫することができる旅行ツアーが旅行会社から提供されています。また、品川駅からの在来線を利用した他の地域へのアクセスも簡単に行えます。